に投稿 コメントを残す

問題

  • 栽培土壌があまりにも濡れていると、種は腐り始めます。
  • たとえ短期間であっても栽培土壌が乾燥し過ぎると発芽プロセスが止まります。土壌を再び湿らせたとしても発芽プロセスは再開しません。
  • 推奨する管理温度は過去のデータに基づくものです。しかしながら、種は個々に反応し温度変化に関しては非常に敏感です。
  • 発芽までの推定期間も過去のデータに基づく平均ですので、柔軟に対応してください。自然界でさえ時には大幅な遅れがありますので、あなたの植物が予想よりもずっと遅くに発芽することもあり得ます。
  • サプライヤーの発芽率のデータは実際の発芽率と一致しない可能性もあります。これに関しては独自にテストを行い改善するように努めています。
に投稿 コメントを残す

なぜ、園芸上手になるには時間と経験が必要か

母なる自然は年間で膨大な量の種を生成しますが、その多くが発芽しません。もし、全ての種が発芽したら大変なことになるでしょう。 その膨大な量の種の中の少量だけが、様々な理由から発芽し成長するのは、その種が強いとゆう事実に起因します。 発芽条件を最大限に利用し、役立つヒントを活用して発芽の成功率を上げようとしますが、それでも100%の発芽率は保証されませんし、 時には全く発芽しないとゆうこ事も起こります。 ガーデニングの専門家たちは、園芸上手になるには多くの失敗が伴うことを知っています。だからと言って落胆する必要はありませんし、様々な栽培の方法を試してみてください。 以下では、一般的に起こる問題をまとめました。「あまりにも」は重要な言葉です。あまりにも湿っている、またはあまりにも乾燥している、これをどのように定義しますか?定義できないでしょう!これがまさにポイントです。苗と一緒に成長していくことが経験になります。

に投稿 コメントを残す

治療よりも予防が大切!

例として、ハーブを入れた水を葉や土壌にスプレーすることができます。作り方は、ランダムに摘んだ新鮮なハーブ100gを1ℓの水に入れて24時間置いておきます。その後、30分沸騰させ冷めたら濾してください。この液体を2ℓの水で希釈して、スプレーをすることで植物や花を効果的に保護できます。

に投稿 コメントを残す

植物の保護/害虫の管理

コナジラミ、クモダニ、ハダニ、アブラムシ、カイガラムシなどのほとんどの害虫は、室内の乾燥した空気が原因で発生します。十分な換気/または軟水で葉水をおこなって高い湿度を保つことにより害虫の発生を防ぎます。 例えばオオセンナリなどのいくつかの種は害虫を寄せ付けないものもあります。このような種を他の植物との間に植えることもできます。 成長の速い植物は、剪定することでしつこい害虫を駆除することもできます。これはまた成長しますし、殺虫剤で延々と害虫と戦う時間と手間を省いてくれるでしょう。

に投稿 コメントを残す

冬越し

冬越し期間中には肥料は与えず、水は通常よりも少な目に与えます。葉を散らす幾つかの種は涼しくて暗い場所に保管することができます。 他の種は少々の明るさと暖かさが必要です。しかし、冬越しの期間中には、多くが枯れてしまう弱い芽を成長させないことが大切です。年間を通して生息地で繁栄する植物でさえ、冬の間は日光不足や低温などそれぞれ異なった気候環境で成長を止めます。

に投稿 コメントを残す

栄養供給/施肥

栽培の一つの重要なポイントは施肥です。植物が予想どおりに成長しない場合、または開花が貧弱な場合は栄養不足が原因です。特に急成長する青々とした植物は、特別な栄養をたくさん必要とします。 常に液体肥料の使用をお勧めします。なぜならば、植物が栄養分をほぼ即座に吸収することができ、固形肥料よりも平均に栄養素を分配できるからです。 液体肥料はミネラルをバランスよく含んでおり、施肥の後の土壌を見ると溶解塩が使われていることが分かります。植物にとって最も重要なのは、窒素(N)、リン(P)およびカリウム(K)を含むミネラルで、これは肥料の三要素として一般的に知られています。 これらの主成分の含有率は、通常パーセントで記載されています。ミネラルは水と共に植物に吸収され、光合成の基本物質と組み合わせて健康な成長を促す各種化合物を生成します。 健康な植物の栽培のためには、栄養素を十分に供給することが必須となります。したがって、種のパッケージの記載の指示に沿って、それに応じて肥料を与えることをお勧めします。肥料を与えないと、栄養素が欠乏した症状がかなり早く現れます。例えば、窒素欠乏がおこると特に古い葉の色が黄色に変化します。 必要な栄養素は植物ごとに異なるため、例えば鉢植え植物用の一般的な肥料や特殊肥料などがあります。 鉢植え植物の肥料:鉢植えは庭の花壇よりも栄養をより速く消費するので、特に高い栄養素を必要とします。十分な肥料を与え、豊かな花の形成と健康的な成長を確実にすることが必要です。 ヤシの木の肥料:愛好家はヤシの木の速い成長を見守ります。新しい葉または花や根を形成するためにヤシの木は高い栄養素を必要とします。液体肥料を使用することにより、水を介して根まで迅速な栄養供給が保証されます。 鉄肥料:黄色がかった白っぽい葉(塩化物)に気付いた場合、それは鉄分が欠乏してるサインです。つまり、植物に葉緑素を作るために必要な鉄が十分にないということになります。鉄肥料は植物と相性のよい非常に効果のある液体肥料です。 針葉樹と巨大樹木の肥料:セコイア、レッドウッド、ナンヨウスギなどのための特別な液体肥料があります。これらは針葉が茶色に変色するのを防ぎます。この肥料は根や針葉に即効性があり、春と秋の植え付けや植え替えの際に非常に役に立ちます。

に投稿 コメントを残す

屋外での栽培

低温地域でも栽培可能な植物の栽培を成功させるため、幾つかの安全予防策を講ずることを検討してください。屋内で栽培された若い植物は、屋外に植える前に準備期間が必要になります。最初の1週間は防風された明るい場所で保管すると、植物が屋外の環境に慣れる事ができます。そうすることで、植物はより丈夫になり葉は保護のためのクチクラ層を発達させ、屋外での高い紫外線に対して抵抗力を持つことになります。植物を屋内から屋外に直接植える場合は、葉や幹に紫外線によるダメージが起こることを知っておく必要があります - 葉焼けする可能性があります。 さらに温度が8℃を下回る場合に備えて、最初の数日間、夜間は植物を屋内に移動させる必要があります。

に投稿 コメントを残す

植え替え

植え替えは、根が鉢からはみ出たり、明らかに植物にとって鉢が小さくなった時に行います。鉢に水分を吸収する十分な土壌がなく、頻繁に水を与えなくてはならなくなった場合など、植え替え時期に気付くと思います。 植え替えの鉢は今の鉢の2~3サイズ大きめのものを選んでください。ヤシの木の場合は根を深くはるので、幅よりも深さのある鉢を選ぶのが賢明でしょう。通常、植え替えは2〜3年ごとに行います。幾つかの植物(例えばヤシの木)は他の植物よりも根が繊細なので、植え替え時にあまり多く根を切らないように注意してください。そして、植え替えの後2~3週間は肥料を与えないでください。

に投稿 コメントを残す

苗が倒れる

発芽に喜んでいたのも束の間、突然訳もなく苗が倒れることがあります。たいていの理由は、種の間隔を十分あけずに植えてしまい根が干渉しあっている場合、または暖かさや湿った土壌そして高湿度などが考えられます - これらは最初に種を植える時には理想的な条件です。この問題の解決には、単に土壌を以前より少し乾いた状態に保ち、以前よりも鉢が空気を得ているか確認してください。そして/または根を強化するための特別な救済策を施してください。

に投稿 コメントを残す

種の発芽

植物の種類によりますが、数日で発芽するものもあれば、長いものでは数か月かかるものもあり、葉は時々種の殻をつけたまま地上に出てくることもあります。最初に出てくる子葉の間に初生葉と呼ばれる葉が既に見えています。 植物がどのくらい速く成長するかは、複数の条件によります。最初は種自身に貯蔵されている栄養素を使って葉や茎を発達させます。大きな種にはたくさんの栄養素が含まれており、それに応じて大きく成長します。子葉が発達した後の成長のカギは光合成に必要な光と温度、そして水の与え方です。 苗が突然成長を止めたように見える事がありますが、それは苗が地上部分の成長に必要な最適な栄養素の供給基盤を作るため、根をより強く発達させているためです